知らないなんて損をしている!?個性豊かなクラフトビールの魅力や特徴を解説

このサイトは知らないと損をしている可能性がある、個性豊かなクラフトビールの魅力や特徴を解説しています。
ユニークなビールの良さを引き出す飲み方をするためにも、押さえておきたい情報となっています。
規模の小さな醸造所で職人が作るタイプのビールの本場は、どこの国なのか知りたい人にもおすすめです。
さらに普通のビールと、小規模ビール醸造所で造られるの違いに関しても解説しているサイトです。
それぞれの特徴や良い点を知って、より美味しくビールを楽しみましょう。

知らないなんて損をしている!?個性豊かなクラフトビールの魅力や特徴を解説

様々な種類のものがあるクラフトビールは、どのような魅力と特徴があるのかという疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
クラフトビールは小さな規模のビール醸造所で製造されているのが特徴で、それぞれのビール職人が美味しさを追求して造られています。
それにより個性豊かな様々なタイプのビールが誕生することに繋がっているのです。
豊かな香りと味わいが楽しめる個性的なクラフトビールは、上面発酵酵母と呼ばれる酵母が使われているものが多いです。

他のビールとは違うクラフトビールの味の特徴は?

クラフトビールの人気が高くなっていることは多くの方が認識しているはずです。
情報番組で取り上げられる機会が増えていますし、飲食店も取り扱うところが確実に多くなっています。
明確な定義はないのですが、基本的に小規模の醸造所で作られた少量生産のビールのことです。
普通のビールとの味の違いを見ていきます。
普通のビールは喉ごしやキレが良く、ゴクゴク飲むことができることが特徴です。
クラフトビールは普通のビールと同じようなものから、苦さが抑えられていて飲みやすいものまで様々な味わいになっています。
従来のビールは苦手だったが、クラフトビールであれば飲めるという方が多いです。
また、酵母が使われているため、口当たりが良いことも特徴として挙げることができます。
様々な銘柄があるので、いくつも試してみて自分に合ったものを見つけてください。
有名な銘柄だけでなく、一部の地域でしか販売されていない銘柄もおすすめです。
知名度が低くても優れている銘柄が多くあります。

好みにに合わせて選びたい!クラフトビールの種類

日本でも人気が高まっているクラフトビールは、小規模な醸造所で作られているビールであり、テイストの濃淡から酸味や甘み、苦味や香りなど多種多様なラインナップが最大の特徴です。
日本国内でも幅広く作られているため、好みにあわせたクラフトビールを見つけることができることが最大のメリットとされます。
クラフトビールの種類は大きく分けてラガーとエールに分けられ、前者はスッキリとキレのある味わいと爽快なのど越しが楽しめます。
甘みが少なく程よい苦味が楽しめるピルスナーなどがあり、日本人にとっても馴染みのスタイルとなります。
エールはフルーティーで芳醇な香りが特徴的で、泡は少なめで豊かな旨味をじっくり味わいながら飲むのに適しているタイプです。
エールには主にコクやフルーティーなホップの香りが特徴のペールエールや、果汁の香りが楽しめるフルーツビール、小麦で作られたヴァイツェンにホップの苦味が特徴のIPAなどがあります。

ギフトにも喜ばれる!クラフトビールが贈り物に向いている理由

お世話になったあの人へのギフトを考えたときに思い浮かぶものとして、最近人気が定着しているクラフトビールはいかがでしょうか。
おしゃれな印象で美味しさにも定評のあるクラフトビールは、プレゼントされた人に強い印象を与えます。
もちろん自分へのご褒美としてもおすすめですが、なぜこんなにギフトに向いているのか、その理由はパッケージにあるようです。
日本では全国に500カ所以上もクラフトビールの醸造所があり、一般的なビールと違い今まであまり飲まれていない、見たこともないようなパッケージのものがたくさんあります。
スタイル別のバラエティーセットやブルワリー別のアソートセット、また個性的なラベルの絵柄の瓶やバラエティー缶のセットなどもあります。
他にも、母の日用や父の日用の飲み比べセットや、ありがとうなど文字入りのラベルを使ったビール瓶セットもあり、実に豊富なバリエ-ションが揃っているのです。
このようにこだわり尽くした材料と製法で作られ、独特な風味やそのオリジナルテイストは大変美味しいのはもちろん、その個性的なパッケージが話題になることは間違いなく、クラフトビールはまさに贈り物にうってつけと言えるのです。

意外と知らない!クラフトビールの製造方法

最近専門店に行かなくても、コンビニやスーパーで手軽に手に入るようになった「クラフトビール」ですが、中にはどのような製造方法で造られているのか全く知らないという方も少なくありません。
豊富なクラフトビールをより深く楽しむためにも、製造方法について詳しく知っておくとよりお酒について詳しくなれます。
まず製造工程としては、モルトづくりとして大麦に2日感ほど水分を含ませ発酵させていき、温風で熱を加えて発芽を止め乾燥と焙煎を進めます。
モルトが完成したら粉砕し、お湯を混ぜてお粥のような醪を作ります。
この醪を一度ろ過しクリアな液体にしたものが麦汁であり、ホップを加えて煮沸し香りと苦味を加えます。
麦汁を冷ましたら発酵タンクに入れて酵母を加え、発酵が起こりアルコールと炭酸ガスができると3日~10日で完了です。
後は貯蔵タンクに移動させ低温発酵させ、2週間~1ヶ月で完成です。
一般的なビールは熟成後は酵母の働きを止めるため、ろ過や熱処理を加えますが、クラフトビールの場合酵母をろ過せず酵母を生きたままパッケージします。
そのため賞味期限が短く、購入後はすばやく飲む必要があります。

に関する情報サイト
個性豊かなクラフトビール

このサイトは知らないと損をしている可能性がある、個性豊かなクラフトビールの魅力や特徴を解説しています。ユニークなビールの良さを引き出す飲み方をするためにも、押さえておきたい情報となっています。規模の小さな醸造所で職人が作るタイプのビールの本場は、どこの国なのか知りたい人にもおすすめです。さらに普通のビールと、小規模ビール醸造所で造られるの違いに関しても解説しているサイトです。それぞれの特徴や良い点を知って、より美味しくビールを楽しみましょう。

Search